豆腐ダイエット【効果はいつから】太る?・口コミ・メリット・デメリット

食事系

豆腐ダイエットは、価格が比較的安く手に入れやすいので、誰でもできるダイエット法です。

今回は豆腐ダイエットの挑戦した20代後半会社員(男性)の方にお話をお聞きしました。

豆腐ダイエット1週間で何キロ痩せた?

豆腐ダイエット1週間ではほとんど痩せませんでした。

効果を実感したのは、いつから?

効果を実感したのは1ヶ月くらいしてからです。

豆腐ダイエットした期間は?

大体6ヶ月、半年くらい行いました

豆腐ダイエットを実践したのは朝食、昼食、夕食?

朝食と夕食のみですが豆腐を中心に料理して食べてました

ビフォーアフターは?

70キロ→65キロ

豆腐ダイエットをやろうとしたきっかけは?

今の仕事をするにあたって体が重いと不都合な事が多くて、危ないことも多かったのでダイエットをやろうと決意しました。しかし、運動するのは時間が足りず、かといって食事制限をすれば今度は仕事に影響がでる可能性があったので、そのどちらもあまり行わずにやれるダイエットはないかと模索していたところ豆腐ダイエットという記事をたまたまサイトで見かけたのでこれならできるかも?と思い試してみることにしたのがきっかけです。

どのようなやり方をした?

朝食にはそのまま豆腐をきって鰹節やお醤油をかけて食べる。お味噌汁に多めの豆腐を入れる。あとは水分を取った豆腐をきゅうりとちりめんじゃこと和えて食べる。を基本にして食べていました。夕食はお肉抜き麻婆豆腐やハンバーグなどが多かったです。たまにどうしても高カロリーなものが食べたくなる時があったのでその時は揚げ出し豆腐を作って食べていました。あと変わり種としては生姜焼きのたれを使って豆腐を焼いてたりもしました。個人的にはこれが好きでした。

一度に食べる豆腐の量は?1丁?

朝は1パックの半分くらい、夕食は1パック全部使うことが多かったです。

豆腐ダイエットをやった感想は?

最初は料理の幅が少なく、味に飽きることも多かったので少し大変でした。正直やり始めて1ヶ月くらいでやめようと思ってたのですが、そこら辺から痩せ始めたのでやめるにやめれなくなってしまったという感じです。そのあとは料理をいろいろと工夫してなんとか続けていけました。結局のところ1ヶ月くらいは続けてみないと結果が劇的に出ないと思うので豆腐ダイエットは豆腐が好きな人は大丈夫だと思いますがそうじゃない人は工夫が必要なんじゃないかなと思います。

豆腐ダイエットはなぜ痩せる?痩せる理由は?

なぜ痩せるのかといわれると難しいですが、個人的に思うのは豆腐を使った食事をするとき、よりしっかり食べるようになること。そしてよりしっかり食べるようになることで間食が減ることだと思います。まずっ豆腐はヘルシーで消化がいいのですぐお腹がすいてしまいます。仕事中にお腹がすくのはかなり苦痛なので結果朝食をしっかり食べるようになります。そうすると夜もしっかりと食べるようになるので間食が減って痩せたのではないかと思っています。

豆腐ダイエットのメリットは?

メリットはまずそこまでお金がかからないことです。お肉よりも安いですから節約にもなります。あとは豆腐自体には特に味に癖などがないので本当にいろんな料理に混ぜたり、味付けをすることができるのでちょっとしたバリエーション違いでもかなり違った味付けにできるので料理が得意な人であれば色々なものを作ることができるのが魅力です。個人的には調理しなくてもそのまま醤油や鰹節などをかけて手早く食べることが出来るのも便利だなと思いました。

豆腐ダイエットのデメリットは?

デメリットは近所のスーパーなどで豆腐が普通に売り切れてることがあり、そのときはどうしようもなかったりします。またメリットでは色んなバリエーションの味付けができると書きましたが、逆に料理が苦手だったりしない場合は統一された味になるので本当にただの苦痛の修行みたいなタイエットになります。豆腐ダイエットをするのであれば、とりあえず焼く事と煮る事と炒める事を覚えておかないと地獄をみることになると思います。

豆腐ダイエットを実践して太ったことは?

私自身は豆腐ダイエット中に太ったことはなかったです

あなたの豆腐ダイエット実践のまとめを教えてください

豆腐ダイエットをするのであれば、まずはある程度料理というか簡単な調理ができるようになっておくといいと思います。短期間で結果がでる人もいるでしょうが基本的には長期間続けることで効果がでるダイエットだと思いますので、長期間続けれるようにするためにある程度味付けを変えるとか、調理方法を変えるとかができるようにならないと続けることが難しいダイエットだと思います。その部分をのり超えることが出来たなら、このダイエットは一気に簡単なダイエットになるのでちょっとした一工夫だけでもできるようになるといいと思います。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました