友人から車を買う場合は?手続きはどうする?

自動車

自動車を友達から買うこともあるかもしれません。

その場合、どのような手続きを分だら良いのかご紹介します。

名義変更

友達から車を買ったり、もらったりして譲り受けたときには、所有者を自分の名前にするための移転登録(名義変更)の手続きをしなければなりません。

せっかくお金を買って払っても、名義変更しないと自分の車にはなりません。

当然ながら名義変更は、友達がその車の所有者であるということが前提となります。友達がその車の所有者になっているかどうか、車検証を見てきちんと確認するようにいたしましょう。

ローンが残っている場合

ローンの支払い中の場合は、「所有者」はディーラーやローン会社の名義になっています。それを所有権留保車と言いますが、そのような車の場合は名義変更はできません。

その場合残金を全部支払った上で、所有権を友達のものにしてからでなければ譲り受けるということはできません。

そしてローンの支払いは終わっていたとしても、所有者の名義が変わっていなければ、名義変更するということはできません。ローンの完済後に名義変更するには、その友達が買ったところで所有権解除してもらわなければなりません。

手続きに必要な書類

自動車を友達から買う場合に必要な書類について書いていきます。友達から車を買った場合によ多いしなければならない書類としては、車検証と自賠責証明書、友達(所有者)の印鑑証明書、譲り受ける車のナンバー、社名、型式、車体番号、原動機の形式などとともに、住所と名前を記入して実印が押してある譲渡証明書、委任状、三文判が必要となります。

所有権の解除と同時に友達から買う時には、印鑑証明書と譲渡証明書、委任状は友達のものではなくててディーラーやローン会社などの会社名義のものが必要となります。

申請をする場合には、 OCRシート第2号様式を使います。

友達から車を買うときにはいろいろと煩雑な手続きが必要ですけども、後でトラブルにならないためには、きちんとした手続きをしましょう。

友人の住所が変わっていたら

友達の住所や名前が変わっていなければ問題ありませんが、引っ越しや結婚などで住所や名前が変わってる時には何をする必要があるでしょうか。

同じ人であるということを証明するために住民票や戸籍抄本(戸籍の附表)が必要となります。買う側としては、車庫証明、自分の印鑑証明書と実印、三文判が必要になります。

譲渡証明書への記入は、友達の名前、その下の欄に自分の名前と住所を書き込むだけです。買う側の印鑑は必要ありません。

移転登録の手続きが終わると、車検証と登録事項等通知書(車検証の内容と同じ書類)が出ます。友達にどちらかを見せて、名義変更が終わったということを確認してもらうようにいたしましょう。

印鑑証明書に関しては発行日から3ヶ月以内に手続きを済ませないと、再度印鑑証明書を取らなければなりませんので、速やかに手続きをする必要があります。

自動車税や、自動車取得税の申告も同時にしておかなければなりません。その年度内(正確には次の年度の4月1日まで。)に手続きが終わらないと、次の年度分の自動車税が友達にかかってしまいます。年度の終わりに車を買う時には注意が必要です。

同じ都道府県の友達から車を購入する時には、年度末まで自動車税は友達の負担になりますが、他の都道府県の友達から買った時には翌月から年度末までの自動車税を登録のとき支払います。

自動車損害賠償責任保険承認請求書(損害保険会社などにあります)で自賠責の契約者や住所なども変更しておきます。自賠責の契約者が友達と違うということもありますので、ちゃんと確認しておくことが必要です。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました